晴天祈願

晴天祈願
三月の大東温泉カブミーティングは雨で参加者の皆さんには申し訳なく思いました。
毎回イベントをやる一か月前くらいから近所の著名な神社に晴天祈願に通うのですが、前回は天気予報の見通しが甘かったのと同時に祈願が足りなかったのかなととも思ったりしました。

そこで晴天祈願に効果のある神社はないものかと少し調べてみました。

晴天祈願
すると東京の高円寺にある高円寺氷川神社の中にある気象神社という神社があるそうです。
御祭神は八意思兼命(やごころおもいかねのみこと)という神様だそうです。

~神話での記述~

八意思兼命は高天原の最高司令官である高皇産霊命(たかみむすびのみこと)の子です。
名前の「やごころ」は様々な立場から考える、「かね」は兼任をあらわす意味であり、1人で2つ以上のことができるという意味です。八意思兼命は多くの人間の知恵を一同に結集させることができるということです。

八意思兼命は天照大御神が天の岩戸に隠れて世の中が暗闇になった時(別ページの素戔嗚尊の説明ご参照)、知恵を振り絞り、岩戸を開ける方法を考えて、世の中を救うことに成功しました。
また『晴』『曇』『雨』『雪』『雷』『風』『霜』『霧』など八つの気象現象を制御すると言われております。
(公式HPから引用)

これは凄いですね。
機会があればイベント前に一度参拝に伺おうと思います。
[➡リンクはこちら]


晴天祈願と調べてみると京都の貴船神社や水火天満宮、仲源寺、などもあるようです。
[➡情報元はこちら]

イベントに関わるとこういう時は困った時の神頼みという感じです。
まあ、十国峠に参加された方には昨年、一昨年と酷暑だったので天気が良すぎるのも悩みですが。(苦笑)
降られるよりは晴れてくれっていう感じです。


同じカテゴリー(雑談)の記事
今後の予定
今後の予定(2019-05-22 06:40)

最近気がついた話
最近気がついた話(2019-05-18 08:10)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

写真一覧をみる